TOTOの内職!シャワーや湯船の部品組立

sagyo

私は23歳の会社員です。

しかしながら現在の給料では満足が出来ず、そんな時に手を出したのが内職でした。

さいわい私の勤めている会社は月の残業が平均10時間以内とかなりホワイトの企業でしたので、家で内職を行う時間は充分にありました。

パーツの組立の内職

私が行った内職はシャワーや湯船の部品組立です、例えばシャワーならシャワーヘッドの部分のパーツを組み立てそこにホースを装着するといった感じです。

他にも湯船や洗面台についている栓の部分の組み立てを行いました。

こちらは栓にチェーンを括りつけるためのパーツを装着し、そこにチェーンを装着するといった感じでした。

月の報酬は3万~4万を稼ぎました

このような作業を何種類か行いましたがどの作業も3工程程度で1つの部品が完成し大体それが一つあたり3~6円でした。他の内職を調べてみると3工程程度で一つあたり1~4円程度が相場でした。
私がこの内職を選んだ理由は、私の母がもともと同じ内職を行っていたからです。

それに加えて他の内職に加えて業務内容に対しての単価が高かったからということもあります。
稼ぎは内職にしては良かったと思います。

私は他の内職をしたことが無いので比較することは出来ませんが、大体調子の良い月は3万~4万を稼ぎました、しかしながら4万を稼いだ月は平日は平均して1日2時間、休日は4時間程度行っての4万でしたので、正直あまり達成感などは得られませんでした。

少ない時には2万前後で大体ほとんどの月が2万~3万程度で収まっていました。これを年間で年間で考えた場合には20万から30万なので悪くはないのかと思います。
私はこの仕事を母親からの紹介で請け負うことができましたが、一般の募集は行っていないようです。

しかしながら場合によっては交渉によって仕事を請け負うこともできるようです。
内職というは昔からある仕事でコストパフォーマンスは悪い仕事というのが内職をするまでの私の意見でしたが案外やってみるとコツコツ稼いでいる感じが楽しく癖になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です