スリーアーチスにて自動車部品のバリ取り作業!

hadoru

ダンボールに入っている自動車の部品に関して、専用のヤスリを使用して、バリ取りを行う作業の在宅ワークを経験した事があります。

ハンドルなどの先端の部分をヤスリで取る仕事

仕事内容はハンドルなどの先端の部分をヤスリで取る仕事で、作業が完了した製品は、ダンボールに入れた自動車の部品を自分の自動車に載せて、毎朝事業所に納品します。

バリが完全に取れていなかったり、仕事の際に商品などに傷や汚れが入っていると、不良品とみなされて、自分の作業で出た不良品の分は給料から引かれました。

検査をしてバリが取れていない製品は、再び家に持ち帰ってやり直しをしました。
バリ取りの内職を選んだ理由として、時間が余っている時に時間を有効的に活用してお金をが稼ぎたかったからです。

自宅から事業所まで近かった事と作業が比較的簡単であったので、時間もそれほど掛けずに作業が出来ると思いました。

1個当たりの単価で設定されていたが、効率よく仕事を行うと稼ぎが良くなるという事を責任者の人から聞いて、本業のお金の足しに出来れば良いと思いました。
月に稼いだ額に関して、仕事が慣れないまでは手取りで1万円から2万円程度でした。

家事などで時間がない場合は、5千円程度の日もありました。事業所の内部の仕事が忙しくなって、仕事が慣れた頃には月に3万円から5万円の収入を得られました。

仕事の能率や品質の高さによっては、基本的な単価に手当てがつく事が基本なので、品質の高い仕事を継続したので、月に7万円から10万円も稼いだ経験があります。

主婦でも出来る製品を作る仕事

バリ取りの内職の仕事は、インターネットの求人サイトで偶然にも見つけました。

最初は簡単な仕事を行って内職に慣れるために、月収が安めでも良いので、主婦でも出来る製品を作る仕事を探しました。

ちょうど内職を探していた時に私の家の近くでバリ取りの募集を掛けていて、すぐに履歴書を持って内職の仕事を請け負うことになりました。

私がインターネットの求人サイトで見た内職を請け負う仕事は、バリ取りなどの仕事の他にも様々な仕事を紹介されていました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です