出産して保育園に預けるまでにお金が必要!

hako

私が内職をしていた所は《内職市場》という全国にある大きな会社の内職でした。

きっかけは子供を出産して保育園に預けるまでの期間に僅かでもお金が欲しいと思いしていていました。

内職市場で内職をしていたのは3年ぐらい前にもやっていたからです。

当時は新聞の求人広告に載っていました。

仕事内容は封筒作り検品・部品作り

久しぶりのお仕事で登録も最初からでしたが、電話をかけた際にはすぐに仕事がありますと言って貰え安心したのを覚えています。

仕事内容的には封筒作りや検品、部品作りなど単価は0.5円~3円のをしてきました。

封筒作りなどは簡単なので単価が低く、主に新人さんやあまり作業が出来ない人に回される仕事で、1日150円程の仕事量でした。

逆に単価の高い内職は部品作りなどで指が器用で目が良くてと条件があるみたいですが、1日600円程度の量でした。

内職って簡単でしょと思われると思いますが、勿論簡単な物もあります。

ですが基本は納品してミスがないかと確認され合ったら評価も下がり単価も落ち無かったら評価が上がり納期を短くされたり、同じ納期までに量が増えたりと頑張れる物なのでいいのですが、大抵皆さん夜中や明け方まで内職をされているかたがほとんどです。

多い時は5万円少ない時は1万円

私がお給料一番多く貰った金額は5万。

少ない時は1万と本当に大きな差がでるお仕事でした。

主人にも手伝って貰って昼間は赤ちゃんの世話をしながら、夜中3時までしていた時もあります。

内職を選んだ理由の中には自由に時間を選べるというものも私にはありました。

前回していた時は病院へ行くから明日はお仕事お休みしたいと伝えてリフレッシュも出来たりしましたが、今回は規則が厳しくなったのか子供が高熱を出して明日からしばらくお休みが欲しいと伝えると急な休みは無理と伝えられてしまい、辞める原因になりました。

でも内職の内容は楽しいものもありました。

内職でも出費が必要な場合も・・・

どこかの部品の金属の穴あけだったり、キャラクターのカードの袋入れだったり、タグの紐を通し結んだりと色々と出来ました。

紐結びなどは縛ったあとの上の部分の長さが決められていたりと以外と細かいのは細かいんですが、それをしっかりするとやはり評価が上がり次やその次からは少し単価のいいお仕事を貰えたりしました。

なかなか人がやりたがらない内職も結構やりました。

とにかく細かい。

卓上ライトを買わないと傷や汚れが見えないものもありました。

失敗は5つまでとか単価は良くても神経をすり減らす内職だったりと以外と内職で使う為の道具を買って作業もありました。

それがセロハンテープだったり、つまようじなど安く買えるものから私のように卓上スタンドライトを購入しなければならなかったりと出費が全くない訳ではありませんでした。

内職市場は自家用でお仕事を貰ったり納品しなければならないので、軽自動車でチャイルドシートやベビーカーが乗っていると仕事の入った段ボールが載せられない状況になってしまう事もあります。

多い時にはスーパーで見かけるお菓子が入った大きめの段ボールが3~4個の時もあるので結構な量になるのかなぁと思います。

仕事内容は選ぶ事は出来ませんが、1日大体10時間は内職をしていたと思います。

勿論赤ちゃんの面倒や家事の合間なども含めてですが、時給換算すると1時間大体300円ぐらいかなぁと思いながら仕事をしていました。

内職内容によっては家族に手伝って貰う事も出来ない細かい事やミスが出せない内職もあるので基本は1人でしていました。

さすがに紐結びなど簡単な仕事は紐を通すだけ主人に手伝って貰いましたが、それは基本は内職市場的にはダメらしいです。

なのでこっそり手伝って貰っていました。

本当なら外にパートに出たほうが時給もいいですしいいのですが、理由があり家でお仕事で細かい事が大好きって方にはいいのかもしれません。

女性でどうしてもお金が必要ならレディースローンが使えますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です