地域情報誌【ぱど】の配布・チラシの折込の仕事

posutei

半年ほどこの仕事を勤めました。
在宅でできる仕事を探していました。
この地域情報誌は、時々自宅に届くのを楽しみにしていました。

主な仕事はチラシの挟み込みと配布

ビラ配りは、迷惑になるような気がしてやる気はありませんでしたが、この地域情報誌なら大丈夫かもしれない、と始めることにしました。
自宅近辺の800部を担当することになりました。

自宅に地域情報誌と、それに挟み込むチラシが届きます。

それを3日間のうちに挟んで配りきる、それを月に二回のペースで行いました。
800部というのは見ると、このくらいだろうなと予想していたくらいだったのですが、チラシの挟み込み、配布をしてみるときりがないくらい多く感じます。
チラシは半分に折ってから挟み込まなくてはならない場合もあり、その折る作業だけでも集中して急いでやっても一時間かかります。

それが3種類あったら3時間、挟み込むのに4時間くらいかかります。

配布は早くて4時間。チラシの重さや折込の有無によって報酬が変わってくるのですが一度の配布で平均8000円くらいになりました。

大体時給1000円弱と計算してかかる時間の目安にしていました。
自宅で好きなときにできるし、給料も悪くはないのでいい仕事だとは思いました。
ですが半年でやめることとなったのは、配るときに人目が気になることでした。

私には合ってなかったかな?

800部もの雑誌を持つのはとても大変で、なんだか惨めに見えてしまいます。

近所の方に見られると、同情されているような気がして、人が居ない時間にしか出たくなくなってしまいました。
それから、数ヶ月配り続けていると前回のものがポストに入ったまま雨に濡れているのを見たり、その場で捨てるのを見たりします。

ゴミを増やして悪いことをしているような気分になるのですが、配る範囲が決まっているため、特別に拒否されたりしない限り、この家は配らないなどとはできません。
そういったことに耐えられず、私はやめてしまいました。
時間に余裕があれば、一度にたくさんの雑誌を抱え込まずに配れるので、私のように惨めな格好にはならなかったの思います。

もっと上手に配る家を選べれば近所の方に迷惑もかけなかったかもしれません。
別の仕事をしながらで、そちらも忙しくなってきたのもありますが、私には難しい仕事だったと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です