集英社で挿絵の内職!!1ヶ月3万円

sasie

イラストレーターになりたかったのですが、本格的になる前にやめてしまいました。

副業で、一時期挿絵を描いていたことがあります。すごく大変でした。

1ヶ月3万円ほどでした。

これだけがんばっても3万なのかという、すごく贅沢なのですがどうしても思ってしまいました。
本業と、毎日両立してなどいなかったのですが、発注が来てから締め切りまでの日数が短いことが多々あり、そうなるとその締め切りまでは、睡眠時間が壊滅的に減ります。

徹夜もしないで挫折とかなめてると思われそうですが、たしかにこの業界は徹夜なんて当たり前だというのはわかるのですが、いかんせん私には本業があります。

本当は挿絵の方を本業にしたいところですが、それには私はほど遠いのでした。

本業の会社の方は、1日中たち仕事のため、体力勝負です。

気力だけではどうにもなりません。

気力はもちろんある方だと自負はしているのですが。

だから睡眠は大事なんです。

少しでも寝ておかないと無理でした。
というわけで時間がない中でいかに効率よく描くかが大事になってきます。

私はこんな世界に足をつっこんだ割には、描くのが遅い方だったと思います。

友達とワイワイ描くようなタイプの人もいるようですが、私はひとりの部屋で無言でただひたすらもくもく描くというタイプだったので、気付くのが遅れました。

人と早さを比べることがなかったので。
趣味ならいくらでもじっくり描いていいのですが、締め切りがあるお仕事となると当然、そうはいきません。
もう本当にねむかったです。そして自分の下手さを呪いました。そのうち上手くなるとは思いましたが追いつきませんでした。

たしかに趣味だけでやっていた頃より、締め切りに終われて且つ一定のクオリティーを保つ仕事というものになってから、格段に上達したのが自分でもわかりました。でも元が、たいしたことなかったようです。

学生時代は自分がいちばん上手いくらいだと思っていましたが、そういう人ばかりの中に入ると下〜の方に位置しているのでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です