在宅で内職!プラスチック部品を型から外す軽作業

colorfulsheet

子供の幼稚園の合間に内職

在宅で内職!プラスチック部品を型から外す軽作業

子供娘が2歳児で幼稚園に就園前だったのでプリスクールに通わせる事にしました。
プリスクールは幼稚園に上がる前に園に慣れさせる目的のものでしたので、先生が絵本を読んでくれたりお友達と遊んだり、一緒におやつを食べたりと勉強とは関係なく一日2時間だけのプログラムでした。
子供が2時間過ごしている間、何か自分のリフレッシュタイムも兼ねて家でできないかと考えた末に選んだのが、この内職でした。
この仕事を見つける事になったきっかけは、インターネットで地元の求人情報を見ていた時でした。
そんなに時間をかけられないのでまあ仕事なんて見つからないだろうと暇つぶし程度に見ていたのですが、たまたま家から自転車で遠くない所にその会社はあり、内職の仕事をしてくれる人を募集していました。

プラスチック部品の軽作業

会社はプラスチックの加工や組立をしている所で、最終的にその部品がお菓子のおまけのおもちゃなどに使われる様でした。私が受けた仕事は、楊枝サイズのプラスチックの棒を、プラスチック枠から折って外す作業でした。

枠と棒は2箇所だけつながっており、棒を傷付けないようにしながらポキっと折って外し、外した棒状のプラスチックはB5サイズのサランラップを強くした様なシートに正確に並べていき、100個並べたら上から同じサイズのシートをかぶせて固定します。

そしてまた新しいシートを準備して、並べていきます。その作業を、娘をプリスクールへ送ってから急いで家に帰ります。そこから一時間半は、黙々と作業を続け、お迎えの15分前になったらサクッと止め、また急いで園にお迎えに行きました。報酬は一つにつき0.3円で、1シートで100個並べられますから30円になります。

折り方にもちょっとしたコツがあり、ちゃんとできていなければカウントされません。集中して折って並べる作業を繰り返します。物を置く場所により作業時間も変わるので、手前にプラスチック部品、中央にシートの束、右側にゴミ箱、左側に完成したシートを入れるダンボールを置き、時間短縮のための配置をしています。

早くできても1分で30個、一時間で1800個こなせるぐらいでしょうか。時給に換算すると、500円位です。コンビニやスーパーのレジよりも少ない金額なので、たまにふと嫌になってしまう瞬間がありますが、まだ自由になる時間も少ない中で収入がもらえる仕事なので、ありがたい事じゃないか!と自分を奮い立たせ、頑張りました。

一日に作業にかけられる時間は、娘がプリスクールに行っている間のこの時間と、娘の就寝後、計3時間でした。すべての時間を折る作業にかけられるわけでは無く、ダンボール箱一杯になったら納品しに行く日もありますし、シートの束をもらいに行ったりする時もありました。1ヶ月の収入は、だいたい2万?3万円位でした。

その作業を娘がプリスクールに通っている間、半年続け、お小遣いを稼いでいました。ずっと手元を見ている作業でしたので、手元にライトを当てて見えやすくしていましたが、ライトの熱で暑くなるし、目は疲れるし、首はいつも下を向いていて痛くなってくるしで、長時間できる作業ではないなという感じがします。

数時間の内職を在宅でやってみて

単純作業が得意な方でも、かなり目が疲れますし、何より根気のいる作業です。

子供が幼稚園に通いだして6時間ほどまとまった時間が取れる様になったら、在宅で内職では無く、スーパーやコンビニでパートをしたいと考えています。しかしながら、今しかできない事だなと思っていたので、楽しんでやる事が出来ました。

それに、本当に限られた空き時間でしたので、それを利用してのお金稼ぎは、なんだか達成感があり、今日は何本折っていくら稼ぐぞ!と毎日目標が立てられました。本当にいい思い出になりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です