記事作成で収入GET!ランサーズ・クラウドワークス・シュフティ概要

deskwork
在宅ワークの中で、もっとも人気が高いのは「記事作成」かもしれません。基礎的な文書力は要求されますが、何も書くのは小説やシナリオというわけではありません。
たとえばよくあるお題の「中古車情報」や「財テク豆知識」などは想像力が問われず、ネットで調べた情報をリライトするだけでOK。しかし、クライアントを掴むのはなかなか大変です。
そんな在宅ライターのお仕事探しに役立つサイトが、「シュフティ」です。

ライターと依頼主のマッチングサイト

企業はSEO対策や、自社サイト、あるいは関連サイトの充実のために、常に質の高い文章が書けるライターを求めています。記事の執筆が苦手で、それを代行してくれる人を探しているアフィリエイターもいます。そんな、「こういう文章を書いてほしい!」という依頼主と、「私なら書けます!」というライターの需給を結びつけるのが、「シュフティ」。

あなたの受注できる「お仕事の種類(執筆、デザインなど)」、さらに「得意分野」などを書きこめば、記事を求めているクライアントから声がかかります。あとは両者の話し合いでレギュレーションや納期を決めて、実際に記事を執筆し、納品するだけです。

取引終了後、報酬の支払いは、シュフティから行われます。手数料の10%が引かれてしまいますが、依頼が決定した段階でシュフティがクライアントから報酬を仮押さえしているので、納品後の未払いの心配がありません。その点に関しては安心して取引できます。

記事作成以外の仕事も!?

シュフティでは、デザインの仕事やテープ起こし、あるいはその他の単純な内職など、様々な在宅ワークを募ることができます。「文章力には自信がないけど、イラストレーターを使ったデザインなら経験がある」という方も、充分に大きな副収入を見込めるでしょう。

「芸は身を助ける」と言いますが、シュフティはまさに、自分なりの「芸」で家計を支えたい人に輝く場所を与えてくれる、魅力的なサイトです。その種の業界への就職を望んでいる学生たちも、ここで腕を磨けば、間違いなく就活にも役立ってくるはずです。

こんなあなたは記事作成で稼げる♪

  1. 基礎的な文章力がある人
  2. 在宅ライターとして副収入を得るためには、「基礎的な文章力」は必須です。しかし、逆に言えばそれだけで、依頼主から求められる記事を書くことはできます。逆に、創作などで培ってきた「自分なりの書き方」を持っている人は、少し苦戦するかもしれません。事実をありのまま事務的に書くことと、想像力を駆使して描くことは、まったく違います。

  3. 「検索上手」な人
  4. 在宅ライターは、情報をネットから(あるいは書籍から)検索して、執筆を進めていきます。その上で求められるのが、「検索能力」とも呼べるものです。たとえば中古車情報について調べるときも、検索ワードの設定によって、出てくる情報はまるで異なります。希少な情報を掴み、価値の高い記事を作るためには、「検索上手」にならねばなりません。
    まめまめしい「検索」が苦にならない、むしろ知的好奇心をくすぐられる。そんなタイプの人は、それが基礎的な文章力と組み合わされば、素晴らしい記事が書けるでしょう。

  5. 一日に決まった時間の作業ができる人
  6. 記事作成は、ある程度の時間がかかります。さらに、れっきとしたクライアントがいる仕事なので、納期に間に合わせなければ話になりません。受注量にもよりますが、「毎日これだけは書く」と計画し、それを自分で厳守できる人は、結果的にかなりの稼ぎが得られるでしょう。このあたりは、報酬の安定しないアフィリエイトなどとはワケが違います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です