ドロップシッピングとは?ちょっとしたコツで収入UP

doro

最近ではアフィエイトユーザーの中からも「ドロップシッピング」に鞍替えして儲ける人が増えてきています。

耳慣れない言葉ですが、一体、どういうシステムなのでしょうか。

在庫を持たずにショップを開く感覚

ドロップシッピングとは、ごく簡単に表現すると、「無在庫の店舗」です。

メーカーや専門業者から販売委託を受け、サイトを構築します。

そのサイトをお客さんに見てもらって、注文が入ればそれをメーカーに発注し、商品を発送してもらいます。

在庫を持つ必要がないので、「売れなかったらどうしよう…」と不安に思うこともありません。

誰でも気軽に始められる、ある商品の「ネット上の代理店」とも言えるでしょうか。

似ているのはアフィリエイトですが、アフィリエイトで貰えるのはあくまで「広告料」です。

ドロップシッピングは原価に自分で額を上乗せして販売価格を設定し、それが売れることで収益を得られます。

ただし、原則として大量発注して原価を下げることはできないので、たとえばある商品が1つ売れても利益は100円にしかならないこともあり得ます。

売値を高くすれば当然利益は良くなりますが、ドロップシッピング市場も、今はずいぶんと値下げ競争が進んでいます。

なかなか高値で商品を売ることはできませんし、原価スレスレの売値を設定しても、ライバルサイトにお客を取られてしまうこともしばしばです。

しかし、何事も「やり方」です。ちょっとしたコツで、儲けも変わってきます。

サイトイメージを高めて「人気ショップ」にする

たとえばあなたが中古のブランドバッグを買うとします。

その際、激安だけれど店の雰囲気は薄暗いA店と、それなりに値段は張るけれど内装にも気を配り、商品の管理状態も良いB店、どちらを選びますか?

本物志向の方なら、これは確実にB店かと思われます。

つまり、信用のおける店ならば、ある程度高い売値を付けてもお客さんは付くということです。

では「ネット上での信用」をどのように勝ち取っていくかということですが、大体は次のようなところを押さえれば、まずそれなりの人気ショップには成長できるでしょう。

  • ショップデザイン(お店で言えば「内装・外装」)を綺麗に整える
  • 商品説明に、オリジナルのテキストを利用。キャッチコピーも工夫する
  • Q&Aと、ユーザーからの声を入れる
  • 決済方法について明確に記載する
  • 問い合わせに対しては素早く反応する

ユーザー目線に立てば、「ショップに対して望むこと」がわかるはずです。それらのポイントをクリアすれば、ドロップシッピングでの副業も、それなりの稼ぎに直結してきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です